契約書の内容確認は必須事項

ウォーターサーバーを導入するときには業者との間で契約を結ぶのが一般的です。日本ではウォーターサーバーのサービスとして主流なのが、業者からレンタルする方式だからです。業者と契約してサーバー本体をレンタルし、そのサーバーで利用する水を定期的に送ってもらったり、メンテナンスをしてもらったりします。その全ての項目について業者と自分が負う責任や義務が明確に記されているのが契約書です。そのため、契約書にサインをする前に内容を隅々まで確認しておくのは必須事項です。契約期間や違反行為などについても詳しく書かれているので、細かく見て全て理解しましょう。もし納得できない部分があったら業者と交渉して改善を求めるのが大切です。

費用は特に念入りに読もう

ウォーターサーバーサービスを利用する上で特に契約書で確認しておくべきなのが費用です。レンタル料金や水の代金、定期配送料や臨時配送料など、ウォーターサーバーを使うときには様々な費用の支払いが発生する可能性があります。配送をキャンセルしたらどうなるのか、契約を自分の都合で破棄したら解約料がかかるのかといったことも契約書にははっきりと書いてあるので見ておきましょう。どのようなときにいくらの支払いが発生する可能性がるのかをまとめておくと安心です。無料で対応してくれる内容なども含めて念入りに読んでリストにしておくと良いでしょう。このような慎重な対応をすればきっと契約で失敗したと後悔することがなくなります。

ウォーターサーバーを赤ちゃんがいる家庭で利用する際にはRO水を使うのが安全です。ミネラルが少ないので赤ちゃんのお腹に優しいからです。